引越しの際、特別な料金が発生するケース

隣町への引越しから、それこそ日本を縦断するくらいの距離を移動する引越しもあるでしょう。
また、一人暮らしから実家に戻る、あるいは実家から一人暮らしを始める。
いろいろなシチュエーションがあるかと思われるのですが、引越しの際、特別な料金が発生してしまうケースがあります。

大抵は通常料金で良いのですが、中には特別な料金が必要になってくるケースもあるのですが、ではそれはどのようなケースなのでしょうか。

まずは自動車です。
自動車もまた、資産なのですから引越しの際には移動させなければなりません。
その際、自ら移動出来る距離であれば自らで移動するのがセオリーではありますが、先に話したように長距離の場合、どうすべきかは悩むべき部分なのではないでしょうか。

長時間の運転も決して楽なものではありません。
ましてや引越し先の環境次第では自動車が不要なケースすらあるのではないでしょうか。
そこで業者に運搬を依頼するとなりますと、自動車の運搬は「陸送」という形になりますので別料金を加算しなければならないケースが大半です。

さすがに「自動車運搬無料」という太っ腹な引越し業者はそうそうありません。
バイクの場合も同様ですが、バイクの場合、状況次第ではトラックにバイクを入れる事だって出来ます。
このような場合は追加料金等が発生する事はないのですが、やはり陸送という形になると追加料金が発生する事になります。

また、案外多いのが見積もりの段階では申告していなかったものを運搬してもらうよう依頼する時。
わざとそのような事を行うという事ではなく、偶発的にではありますが、見積もりの時には捨てようと思っていたものの、やはり持って行きたい。

そのように考えて「持って行きたい」と告げる。
この場合もまた、やはり追加料金が発生するケースがありますよね。
このように、引越し業者にとって想定外の事は追加料金を支払わなければならないケースが多いのです。
これもまた、気をつけなければならない部分と言えるでしょう。

特に引越しの場合、ドタバタしているおかげで細かい部分にまで配慮が届かないケースもありますが、それが追加料金を生む事になるケースもあります。

追加料金を支払っても良いと思える人もいれば、出来れば控えたいと考えている人も多いでしょう。
ですので、特別な料金がかかるものはないか。
見積もりの段階で全て正しく申告しているか。
これらがとても大切になってくるのです。

引っ越し準備は余裕を持って行おう

引っ越しをする際、実はたくさんやることがあります。
次に引っ越し業者を決め、役所への手続きもあれば、郵便を転送してもらうだとか、色々とまだやることはたくさんあります。
家を決める段階でホッと一息ついてしまい、その後の処理を直前になって慌ててしまうことも多いのです。

まずは、引っ越し業者の選定から始めましょう。
これは引っ越しする物件が決まっていなくても問い合わせることはできます。
大体引っ越す先の土地が決まっている場合は、概算で費用を出してくれると思います。

見積もりをお願いする際は、多くの引っ越し業者とは一度顔を合わせて荷物の量を確認してもらうことになります。
ギリギリでは日にちを合わせるのにも時間がかかり、最悪仕事を休んで見積もり・・なんてことにもなってしまいます。
まずは引っ越しを決めた段階で一度問い合わせて見積もりを出してもらうのが、一番余裕を持ってお願いできる方法だと思います。

引っ越し業者への連絡と同時に決めておきたいのが、荷物はどれを持っていくかということです。
買い換える予定のもの、またはもう古くなったけど処理に困っておいておいただけのもの、などの不用品は引っ越しすると出てきます。

まとめて捨てられるいい機会ですし、新生活をスタートさせる前にスッキリさせておくことがオススメです。
荷物の量が減れば引っ越し費用を抑えられる可能性もありますので、見積もりの際にどれを持って新居に引っ越すのかということを伝えておくと見積もりもスムーズです。

ここまでをどれぐらい前から決めておけるかにもよりますが、最低でも1ヶ月以上は前に決めておくことが理想です。

そして次にいよいよ荷造りを開始します。大体1ヶ月前からやり始めることができれば、余裕を持って完了させることができるでしょう。
まずは必要ないものから梱包を開始して、当日の朝に朝の身だしなみを整えるものを梱包して終わり・・という流れに持っていかなくてはなりません。

荷物の準備と同時にやることとしては、役所への申請などです。
これはあまりに早すぎてもいけないので、2週間から1週間前ぐらいが理想です。
もちろん引っ越してからもできるのですが、遠い土地へ引っ越しをする場合はやはり事前にやっておくほうが無難です。

引っ越しは色々なことを短い期間でやらなくてはなりません。
しかも引っ越しだけに時間を割いていることもできず、毎日の生活を普通に送りながらやらなくてはならないという面では非常に大変なことです。
慌てずに引っ越し疲れしないよう、早め早めの行動を心がけましょう。

 

福島 孝徳
神の手 福島孝徳医師 連絡先

時計ショップ 世界中の時計が手に入る!
ブランド時計専門店